インファナル・アフェアU〜無限序曲
http://www.infernal.jp
監督 : アンドリュー・ラウ
音楽 : チャン・クォンウィン
出演 : エディソン・チャン(ラウ)
 ショーン・ユー(ヤン)
 アンソニー・ウォン(ウォン警部)
 エリック・ツァン(サム)
 カリーナ・ラウ(サムの妻マリー)
 フランシス・ン(ハウ)
(2003 香港)
 以前インファナル・アフェアT(無間道)を映画館で観て、ストーリー展開や登場人物を追うのがいっぱいいっぱいだった記憶があり、U(無間序曲)はDVDで観ようと劇場公開を見送った。
しかし、一つの役を時代によって二人の俳優が演じ分け、いきなり時が流れて誰が誰だか解らなくなってしまう前作に比べ、二作目は覚悟していたほど難解ではなかった。
このパートUは時代をさかのぼってパートTのさらに前(1991〜1997)の時代がえがかれる。
若き日のラウとヤンをエディソン・チャン、ショーン・ユウが演じるのだが、ややこしいことに、この二人の役者がよく似ているのだ。
左がエディソン・チャン(ラウ)・右がショーン・ユウ(ヤン)
…だったかな?

いや、ファンの人には全然違って見えるのだろうが、私にはそっくりに見えてしまう。
しかも、警察に潜入したマフィアのラウと、マフィアに潜入した警察官のヤンというややこしさがさらに混乱を招いてしまうのだった。
おまけにヤンは潜入した警察官でありながら、マフィアのボスであるハウと異母兄弟なのである。


 物語は、ハウの父親であり香港マフィアのボス、ンガイ・クワンが何者かに暗殺されるところから始まる。
この出来事を利用して力関係を崩そうとする者たちの混乱を見事一夜にして押さえ込み、次世代のボスに君臨した次男のハウがなかなかいい。
落ち着いた静かな物腰と、時折見せる唖然とするほどの冷徹さ。
亡くなった父と一族を深く愛する一面と、迷うことなくさっさと引き金を引いて仕事を片づける非人間的な一面。
まさに地獄の世界だ。
「無間」という苦しみが絶え間なく永遠に続く、最も恐ろしい地獄。

ここに関わって行くことになる二人の青年の、それぞれの事情。
そのきっかけは、血筋のために挫折しかけた警察官への夢だったり、ボスの妻への片思いだったりするのだが、これがまさに無間に落ち込む序曲なのだ。

 正直言うと私はこういう映画がちょっと苦手で、なんとなく感情移入できないままに終わってしまう。
こういう、警察とかマフィアとか「男の世界」みたいなものを題材にしながら、その中の寂しさとか苦しみとかを描いたストーリーには、どこかで冷めてしまうのだ。
どうも、その世界であえてこういう形で苦しむ必然がピンと来ないからでもある。
さらに正直な感想を述べると、主役二人がイケメンで、ショーン・ユウは特に可愛くて目の保養になりました。
それとゴッドファーザーを思わせる静かで荘厳な音楽の使い方が底知れぬ黒社会の怖ろしさを際だたせていてぞくぞくして良かったです。
…というちょっと不謹慎な感想を述べつつ、なんだかんだ言ってパートVもきっとDVDで観るような気がする。
インファナル・アフェアVは…「終極無間」…だそうです。

 


(2005/4/7)
[movie top]

inserted by FC2 system